オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

鉄道に関することを書こうと思っています。が、はたしてどうなるでしょうかね。

 お越しいただきありがとうございます。
 主に扱っているのが近鉄なので近鉄ファン以外の方には???かも知れません。

 今日は です。
 

 オイゲンのコレクションはこちらから。(別ウィンドウにて開きます。)

 近鉄電車データページ
  連結器中間体格納箱有無はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  2410系列パンタ台はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  妻面画像はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  6020系妻面調査結果はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)


にほんブログ村 鉄道ブログへ 鉄道ブログ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 鉄道模型 にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ 近鉄線 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近鉄2050系3両編成製作記(その7)

中間のモ2050奇数番号車が製作の途中ですが、先頭車(モ2050偶数番号車とク2150)の製作も進めます。

側板を作りました。
P20110707001.jpg
先に先頭車の側板を作り始めていたのですが、完成は中間車用のほうが早くなりました。

先頭車用も中間車用と同じ作成方法です。
が、中間車用の場合とは違いが...。
2600系キットの先頭車側板と8810系キットの先頭車側板とでは長さが異なります。
また、使用する前面は8810系キットの前面パーツを使用しますが、2600系前面パーツとは側面への回りこんだところの長さも違います。
そのために長さ調節を行っています。

具体的には乗務員扉より運転席側を1mmほど延長しています。(画像の白い部分。)

妻面は雨樋の配管を行いました。
P20110707002.jpg

先頭車用クーラーの作成も始めています。
P20110707003.jpg
上が8810系キットの先頭車用クーラーで、下は2050系用に作成中のクーラー。
どこがどう違うのかわかりにくいですね。

中間車は8810系キットのものをそのまま利用できましたが、先頭車はそのままの利用は出来ません。
8810系キットの先頭車用クーラーだと、2050系の先頭車用クーラーとは配置が異なります。
また、8810系キットの先頭車はNゲージスケールだと少し長いですが、2600系キットの先頭車はNゲージスケールでも正しいので、8810系キットの先頭車用クーラーでは少し長いです。


ここで8810系キットのクーラーについてですが。

先頭車とパンタなし中間車(モ8810偶数番号車)は初期車のクーラー配置ですが、パンタあり中間車(モ8810奇数番号車)は中期車以降のクーラー配置になっています。
ですから、単純に8810系を製作する場合も要注意です。

どうしてこうなっているのかはわかりません。
プロトタイプが車両ごとに違う編成だったのでしょうかね。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/07(木) 22:48:39|
  2. 近鉄2050系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近鉄2050系3両編成製作記(その6)

本日もほととんど進んでいません。

家族サービスディということで8時過ぎから20時半まで家族サービスに時間を割きました。
途中1時間ほどフリーな時間があったのですが、1時間では何もできず。
帰宅後、夕食を済ませ鉄道模型を。

はい、箱にしましたが、側面と妻面のみ接着です。
P20110703001.jpg
屋根もまだ接着されておらず、妻面と側面の接着箇所のパテ埋めもまだ。

角度を変えて。
P20110703002.jpg
この後の作業は妻面から屋根にわたる配管の設置。
それと妻面パーツと屋根パーツの間の雨樋が空いていますので、その部分を埋めてから整形。

少し接着面が乾いたので、動力ユニットを組み込んでみました。
P20110703003.jpg

作成途中のパンタグラフをパンタ台に載せてみました。
P20110703004.jpg
パンタグラフはトミックス 0213 PT4811から改造です。
2050系のパンタグラフはパンタ台の上に載った碍子の上部で結合されています。
その形は碍子上部の結合部から一段下がってパンタグラフに結合されるのですが、流石にこの形をNゲージスケールでは再現できないので直線にしています。
画像では結合用のパーツがまだ長い状態ですので、搭載時にはもっと短くします。
また、角度もかえないとうまくパンタ台の碍子上に載らないかも知れません。

結局今回はこれだけなのですが、進捗率がよくないですね。
いつになれば完成するでしょうか?。
  1. 2011/07/03(日) 23:29:07|
  2. 近鉄2050系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近鉄2050系3両編成製作記(その5)

最近同じ書き出しのようですが...。

あまり進んでいませんが2050系の続きです。

最近、週で唯一1日中を自由に使えていた土曜日が、家の都合で全ては使えなくなってしまいました。
ということなので進捗がよくありません。

今日はもう少し時間がありますが今の時点を。

前回作りかけだったパンタ台が完成したのと、妻面にかからない配管を行いました。
P20110702001.jpg

角度を変えて。
P20110702002.jpg
0.3mmの真鍮線と0.2mmのピアノ線を使用しています。
ゴールドが真鍮線で、シルバーがピアノ線です。

さらに角度を変えて。
P20110702003.jpg
フューズボックス付近の配管は実車とは少し異なります。
実車どおりにしたいのですが、細くても金属、思うとおりに曲げられません。
これだけの配管にかなりの時間を費やしました。

次回は車体が箱になっている...と思われますがどうなりますか。
  1. 2011/07/02(土) 20:20:56|
  2. 近鉄2050系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近鉄2050系3両編成製作記(その4)

前回に続き、近鉄2050系です。

今日は家族サービスディだったので模型製作に割けた時間は少なかったです。
したがって、進捗もそれなりです。

まず、妻面です。
P20110626001.jpg
ステップを追加しました。
しかし、相変わらず綺麗には揃いません。

配管がある妻面。
P20110626002.jpg
空気管のみ配管済みです。(貫通路の右側銀色の配管。)
これはステップの内側に配管されるので先に設置しました。
しかし、途中までです。車体が箱になってから残りを設置します。
パーツの左側の管は電気管です。

妻面に設置するとこのようになります。
P20110626003.jpg
車体を箱にしてから設置します。

屋根も少し作業できました。
P20110626004.jpg
8810系キットのランボードは何故かすべて高い位置に設置するようになっています。
前回のブログ時点でパンタ横のランボード以外は屋根に直接設置するようにモールドを削っています。
パンタ横以外のランボードを設置しました。

クーラーの設置位置ですが、車端寄りのクーラーは良いのですが、中央のクーラーはキットの穴だと位置が異なってしまいますので、キットの穴より5mm程度車端にずらしています。
(フューズボックスのないほうにずらしています。)

あと、わかりにくいかも知れませんがパンタ台が設置の途中です。

ここまで進んでタイムアップとなりました。

かなりのスロースピードなので完成は遅くなりそうですね。
  1. 2011/06/26(日) 21:28:37|
  2. 近鉄2050系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近鉄2050系3両編成製作記(その3)

近鉄2050系の続きになります。
が、あまり進んでいません。

週で唯一、一日中時間を使える土曜日のはずだったのですが、いろいろあってあまり時間を割くことが出来ませんでした。

とりあえず、妻面の工作を始めました。
P20110625004.jpg
妻面両側の雨樋のみ作りました。
向かって右側にはステップを設置しなければなりません。
配管は電気管が3本、空気管は1本を設置します。

工作と同時に動力ユニットの選定も行っていました。
P20110625006.jpg
現在考えられるのが、二つ。
画像には三つの動力ユニットが写っています。
左が、トミックス製、グリーンマックス発売のKDタイプ付き。
中が、トミックス 0661 DT32U付き。
右が、トミーテック TM-16。

グリーンマックス発売のKDタイプ付きは組み込む編成が決まっています。

残りのトミックス 0661かトミーテック TM-16なのですが、2050系は幅を18.2mm(ぐらい)に狭めました。(当然のことながら、もともとはもう少し幅がありました。)
そのため、トミックス 0661はボディに入りません。
グリーンマックス発売のKDタイプ付きならば、ぎりぎり入りそうです。
トミーテック TM-16は狭めたボディでももう少し余裕があるので入ります。

ということでトミーテック TM-16を組み込むことにします。

ボディ内側にTM-16に合わせたリブを追加しました。
P20110625005.jpg
TM-16には少し余裕があるのでボディ側に0.25mmの厚さのプラ材を接着しています。
0.3mmでもよかったのですが、今回は少し様子をみてみます。

リブをきっちり設置したので合わせただけで固定できます。
P20110625007.jpg


この調子では完成は遅くなりそうです。
  1. 2011/06/25(土) 22:16:26|
  2. 近鉄2050系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

オイゲン

Author:オイゲン
近鉄車両を中心に模型を製作しています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

鉄道模型 (138)
近鉄1000系 (4)
近鉄1010系 (3)
近鉄1233系 (3)
近鉄1460系 (1)
近鉄1810系 (7)
近鉄2050系 (7)
近鉄2410系 (6)
近鉄2430系 (5)
近鉄2610系 (7)
近鉄2800系 (18)
近鉄6020系 (6)
近鉄6200系 (3)
近鉄6432系 (4)
近鉄6600系 (3)
近鉄8000系 (2)
近鉄8400系 (15)
近鉄8600系 (4)
近鉄8810系 (3)
近鉄9200系 (5)
近鉄12000系 (8)
近鉄16010系 (3)
近鉄22600系 (6)
車両 (10)
運転会 (5)
旅行記 (2)
撮影記 (6)
速度調査 (128)
表定速度調査 (19)
表定速度調査(H23.03.12) (79)
表定速度調査(H24.03.17) (20)
速度ランキング (10)
雑記 (12)
未分類 (1)

ブロとも一覧


旅行と模型と日常

本宮機関区運行日誌

写真と模型で鉄分補給 Moso Factory

藻庫川重工のへっぽこ製作記

村崎芋鉄道・村鉄車輛

枝川製作所の日誌

MTR的活動日誌

超!?昭和49年のあんな事、そんな事、いろんな事!!

雪風の壱里毎日記(ひとりごと日記)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問した人たち

訪問している人たち

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

自動RSS表示機能付きリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料アクセス解析