オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

鉄道に関することを書こうと思っています。が、はたしてどうなるでしょうかね。

 お越しいただきありがとうございます。
 主に扱っているのが近鉄なので近鉄ファン以外の方には???かも知れません。

 今日は です。
 

 オイゲンのコレクションはこちらから。(別ウィンドウにて開きます。)

 近鉄電車データページ
  連結器中間体格納箱有無はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  2410系列パンタ台はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  妻面画像はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  6020系妻面調査結果はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)


にほんブログ村 鉄道ブログへ 鉄道ブログ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 鉄道模型 にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ 近鉄線 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近鉄8810系4両編成(中期車)製作記(その3)

車体の塗装に入る前に床下機器を設置しました。

最近、床下機器パーツは「おゆまるコピー」によって作成しています。
今回の8810系も多くはコピーにより作成したパーツですが、一部はジャンクボックスから流用しました。

まずは奇数Tc車です。
P20110924002.jpg
初期車にはCPが設置されていましたが、中期車では偶数Tc車に移設されています。

次に奇数M車。
P20110924003.jpg
この車両に鉄コレの動力ユニットを組み込んでいます。

奇数M車用に用意した床下機器パーツです。
P20110924001.jpg
制御器側は一つのパーツですが、抵抗器側は2つになりました。

次に偶数M車。
P20110924004.jpg
初期車と比べて抵抗器の数が減っています。

最後に偶数Tc車。
P20110924005.jpg
初期車の偶数Tc車の床下は機器が少なかったですが、中期車ではCPが搭載されているため少しにぎやかになりました。

製作していると、初期車と中期車ではいろいろ違いがありますね。

では。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/24(土) 12:46:18|
  2. 近鉄8810系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近鉄8810系4両編成(中期車)製作記(その2)

近鉄8810系4両編成中期車の製作記ですが...。

ここまで進みました。
P20110917007.jpg
先頭車用パーツ(主に側板)は未開封の8810系キットを開けました。

4両とも側板と妻板を接着した状態です。
屋根はまだ仮組みです。

まずは先頭車。
P20110917003.jpg
今までの8810系では先頭車の長さをキットそのままにしてありましたが、今回は1mmほど短くしました。
これはこの8810系キットの先頭車が中間車よりも長いので対応したものです。
見た目にはわかりません。
側板は乗務員扉より端を1mmカットしました。
屋根板は中間で切断後、1mmカットして再接続しました。
床板はTNカプラー化の中で対応することにします。

次に方向幕。
P20110917004.jpg
これは4両ともに当てはまるのですが、側面の方向幕を対応しました。
8810系キットは方向幕ではなく、列車種別表示灯になっています。(キット発売時は方向幕は設置されていなかった。)
列車種別表示灯をそのまま方向幕としてデカールを貼ってしまおうかと思っていたのですが、縦幅が違うのと設置位置が違うこと、2050系では方向幕としての対応を行ったことなどを考慮してこの8810系でも方向幕を表現しました。

実はこの判断、製作途中での判断だったのですが、少し遅かったのでパンタなし中間車は側板と妻板の接着が終わっていました。
この状態での方向幕設置作業は怪我の影響もあり、てこずることになりました。

台車も作成しました。
P20110917006.jpg
台車についての詳細は後述します。

次にパンタあり中間車。
P20110917008.jpg
2050系同様、パイピングを行いました。

角度を変えて。
P20110917009.jpg
パンタ台は当方の最近の標準工作です。

更に角度を変えて。
P20110917012.jpg
妻面にいたる部分の配管は屋根を接着後に設置します。

パンタあり中間車の側面です。
P20110917010.jpg
ご覧になってわかるとおり、この車両に動力ユニットを組み込んでいます。
動力ユニットは鉄コレ用のTM-16です。

8810系キットの床板の台車間距離は95mm。
本来は94mmなのですが、今回はそのままにします。

ということで台車間距離が95mmのTM-16を選択しています。

動力ユニット用の台車も用意しました。
P20110917011.jpg

次に連続キセの先頭車、パンタなし中間車のクーラーですが...。
P20110917014.jpg
クーラー配置の違いを切り継ぎ加工にて表現しました。
後で一旦消した継ぎ目を再現しなければなりません。

最後に台車。
P20110917015.jpg
界磁チョッパ車に広く採用されているKD-88系をそれらしく作ってみました。

どうも一度工作すると、それ以降は標準作業になってしまうので、どんどん作業工程が増えますね。
台車もそうです。
今回のKD-88系はそれほどではありませんが、台車によってはかなりの手間になります。
こだわり過ぎの感もありますが、気がついていてできる作業をやらないというのはどうしても...、です。


作業開始からおおよそ10日ほど経過しましたが、進捗具合はどんなもんでしょうか。
怪我の影響は結構あって、作業でつらいと思うところもあったのですが...。

次回では塗装工程に入っているかも知れません。
(台車は塗装済みですね。)
  1. 2011/09/18(日) 03:15:53|
  2. 近鉄8810系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近鉄8810系4両編成(中期車)製作記(その1)

右腕を怪我(骨折)したためブログ更新が少ししか出来ませんでした。
痛みがかなり少なくなりましたが、手首をひねると痛みが走るし、ペットボトルのふたも開けられない状態ですが、鉄道模型の製作を再開しました。

今まで製作中のものは、以前のように作る自信がないので、とりあえずリハビリ後に再開します。

そこで今の状態でどこまで作れるか試しに1編成ということで8810系を作ることにしました。
理由は手間がかからないからと思ったからです。
VVVF車の塗装済み2両編成キットもあるのですが、これはあまりにも簡単すぎるので対象からは除外しました。

8810系は今までに3編成製作しました。
それらの先頭車両のみですが、以下になります。
P20110907001.jpg

前面をアップに。
P20110907003.jpg
左は初めて作ったグリーンマックスのキットです。
塗装には缶スプレーを使用しましたが、艶が気になって以降はビンの塗料を使うようになりました。
近鉄沿線に住んでいなかったこと、今のようにインターネットが普及していなかったことなどから、資料がない状態で製作したので誤りが結構ありますが、それはご愛嬌。

中は通勤車が2色になり始めた頃に作ったものです。
この2編成目まではストレート組みでした。

右は最近(1年ちょっと前)完成したもので、床下機器や台車など多少実車に近付けました。

左と中はストレートに組んだので実際には存在しない編成となってしまっています。

右は8810系の初期車として製作しましたので、今回製作するものは中期車とします。

ちなみに初期車、中期車などという言い方は私が勝手に言っているだけです。

初期車と中・後期車との違いはクーラー配置と床下機器配置が異なります。
中期車と後期車との違いはクーラーが変ったためにキセの高さが変りました。

まずは、これらのキットの余りから中間車を作ります。
P20110907005.jpg
かなり以前のキットです。
作り終わっても箱は捨てずに置いてあるのですが、こんなにたくさん購入していたんですね。
中身はほとんどありませんが...。

とりあえず、中間車を仮組みしてみました。
P20110907007.jpg
手前が奇数M車、奥が偶数M車です。

まずは奇数M車から。
P20110907008.jpg
ストレートに組んでいるように見えますが、中央のクーラーキセの位置を5mm程度ずらしています。
パンタグラフ横のランボード以外は屋根に直付けするのでランボードの土台(のようなもの)は削りました。

偶数M車です。
P20110907009.jpg
8810系キットはパンタグラフ付きM車の中央クーラーキセのクーラー配置は中期車のものになっていますが、他の車両は初期車のクーラー配置になっているので、配置を中期車のものに変えないといけません。
わかりにくいですが、ロスナイ横の片方のクーラーを前後入れ替えています。

とうことで、今日はここまでです。
まだ不自由な右手でどこまで作れるでしょうかね?。
  1. 2011/09/07(水) 22:46:07|
  2. 近鉄8810系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

オイゲン

Author:オイゲン
近鉄車両を中心に模型を製作しています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

鉄道模型 (138)
近鉄1000系 (4)
近鉄1010系 (3)
近鉄1233系 (3)
近鉄1460系 (1)
近鉄1810系 (7)
近鉄2050系 (7)
近鉄2410系 (6)
近鉄2430系 (5)
近鉄2610系 (7)
近鉄2800系 (18)
近鉄6020系 (6)
近鉄6200系 (3)
近鉄6432系 (4)
近鉄6600系 (3)
近鉄8000系 (2)
近鉄8400系 (15)
近鉄8600系 (4)
近鉄8810系 (3)
近鉄9200系 (5)
近鉄12000系 (8)
近鉄16010系 (3)
近鉄22600系 (6)
車両 (10)
運転会 (5)
旅行記 (2)
撮影記 (6)
速度調査 (128)
表定速度調査 (19)
表定速度調査(H23.03.12) (79)
表定速度調査(H24.03.17) (20)
速度ランキング (10)
雑記 (12)
未分類 (1)

ブロとも一覧


旅行と模型と日常

本宮機関区運行日誌

写真と模型で鉄分補給 Moso Factory

藻庫川重工のへっぽこ製作記

村崎芋鉄道・村鉄車輛

枝川製作所の日誌

MTR的活動日誌

超!?昭和49年のあんな事、そんな事、いろんな事!!

雪風の壱里毎日記(ひとりごと日記)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問した人たち

訪問している人たち

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

自動RSS表示機能付きリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料アクセス解析