オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

鉄道に関することを書こうと思っています。が、はたしてどうなるでしょうかね。

 お越しいただきありがとうございます。
 主に扱っているのが近鉄なので近鉄ファン以外の方には???かも知れません。

 今日は です。
 

 オイゲンのコレクションはこちらから。(別ウィンドウにて開きます。)

 近鉄電車データページ
  連結器中間体格納箱有無はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  2410系列パンタ台はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  妻面画像はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  6020系妻面調査結果はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)


にほんブログ村 鉄道ブログへ 鉄道ブログ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 鉄道模型 にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ 近鉄線 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道旅行

近鉄1233系2両編成製作記(その3/E)

近鉄1233系ですが、完成しました。

P20111025001.jpg

ベースが塗装済キットでしたので当方最大の難関、塗装フェーズがないに等しいですから速い完成となりました。

車番を貼ろうとしたら、「2」が少なかったのでVC43編成にしようかと思ったら、調査時点ではVC43編成にはVVVFマークがありませんでした。
塗装済みキットにはVVVFマークがあるので、仕方なくVC42編成に。
これでまた「2」を大量消費(?)してしまいました。


結局キットからはどこを修正したかというと。

車高を少し下げました。
床板のセット方法をリブによるものに変更しました。
妻面の電気管を3本→2本に変更しました。
妻面の客用窓を拡大しました。
貫通路の窓を縮小しました。
フューズボックスを中央に変更しました。
前照灯を真鍮パイプと透明プラ材に変更しました。
標識灯、尾灯を透明プラ材に変更しました。
クーラーキセのルーバーで不要箇所を埋めました。
床下機器を実車に似せて作成、並べ替えを行いました。
台車をKDタイプを元にKD-96風に修正しました。
幌を自作パーツに変更しました。

と、まぁこんなもんでしょうか?。

幌を自作した以外、特に目新しい工作はありませんでした。


塗装ができるまでのつなぎのために製作していたのに出来上がってしまったのでまた別の編成の製作に入ることにします。

オイゲンのコレクションへの記載は完了しています。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/25(火) 18:20:22|
  2. 近鉄1233系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近鉄1233系2両編成製作記(その2)

予定がなくなったので近鉄1233系を作っていました。

ここまで出来ました。
P20111023001.jpg
まだ車体の車番貼りとクリア吹きつけが終了していないので屋根は軽く載せているだけです。
前面の前照灯、標識灯、尾灯まわりの工作が残っています。
また桟板も未設置となっています。

ク1333形です。
P20111023002.jpg
皆さんご存知だと思いますが、グリーンマックスの近鉄VVVF車は腰高です。
当方標準工作として、若干車体の高さは減じています。
VVVF車では素組みを除けば、過去1253系、1430系を製作しましたが、そのときとは違う床下機器パーツを使用しました。
理由はキットの床下機器パーツは天地方向に大きいと思われるパーツがあるからです。

モ1233形です。
P20111023003.jpg
ク1333形同様、天地方向の大きさの正しそうなパーツは選びました。
クーラーキセのルーバー表現で数が多すぎる側はいつも通り埋めてルーバーの数を実車同様に修正しています。

1233系を作りながら、そろそろ1230系もと思いました。
で、ふと思ったのですが、今回の床下は1230系用にして、1233系用には別途作ったほうがいいのかと。
1230系と1233系の違いはほとんどないのですが、車体の深さが違います。
グリーンマックスのVVVF車は車体の深いタイプとなっていますので、1230系を作ろうとすると多少考えないといけませんが...。
車体の深さは台枠の厚さが異なるためなので、細かいことを言えば、床下機器の設置高さが異なります。
いろいろ眺めていると、今回作った床下は1230系のように裾の浅いタイプにしたほうがぴったりくるように思いました。
1233系用には今回の床下より若干高さを下げて作ればそのあたりの差も表現できるのではないか?、などとまたマニアにしかわからない工作を考えたわけです。


ちなみに、画像はありませんが、この1233系、車体の高さをキットそのままから下げているにもかかわらず、8810系と比較すると、車体下端が同じ高さでした。
ということはもっと下げないといけないのか...、これ以上はきつそうですが。


幌です。
P20111023004.jpg
今まではあまり幌は付けていませんでしたが、VVVF車用に最近の幌を自作してみました。
近鉄の幌といえば、独特のくしゃくしゃ?なものが多かったですが、最近は普通のタイプのものが取り付けられています。
キットにも幌パーツは付属していますが、上部の妙に大きなRがどうしてもいやで作った次第です。
シリーズ21の幌を使えば形的はいい感じで、サイズ的にも近いですが、今後のことを考えて自作しました。


ということで、次には完成しているかも知れません。
  1. 2011/10/23(日) 18:50:08|
  2. 近鉄1233系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近鉄1233系2両編成製作記(その1)

製作中の他編成が塗装フェーズに入りました。
塗装はタイミングがあるので、その間に別編成をということで近鉄1233系を作ろうと思います。

VVVF車作成用キットには塗装済みキットと未塗装キットがありますが、未塗装キットは大幅修正の必要な編成のためにおいておくことにして、今回は塗装済みキットを使用します。

今回はまず台車の作成を行いました。
1233系はKD96系の台車です。

作成した台車です。
P20111020004.jpg
ディティールが若干甘いですが、まぁいいでしょう。
この台車と過去に作った台車を合わせると旧式車を除きかなりの形式に流用できる台車が揃いました。


VVVF車キットから5800系以外を作成するための標準工作として妻面の客用窓の拡大と貫通路窓の小型化があります。
また、VVVF車2連を作る場合はVE77編成以外は配管を3本から2本に減らさないといけません。

ということで妻面です。
P20111020001.jpg
妻面の客用窓の拡大、貫通路窓の小型化、電気配管の2本化を実施しました。
せっかくの塗装済みキットですが、こればかりは仕方ありません。

電動車のフューズボックスですが、キットは3つのフューズボックスが載るようになっていますが、1233系は2つしか載らないようになっています。
ということでフューズボックス付近も修正です。

電動車の屋根です。
P20111020002.jpg
モールドを削り、フューズボックス2つが中央になるように土台を作り直しました。

最後にVVVF車キットは床板とボディは両面テープ止めしないといけませんでしたが、その方法は嫌いなので今回は少し細工をしました。
ボディ側にリブを設置し、床板側でリブをひっかけるようにしました。

白い部分がリブをひっかけるための部分です。
P20111020003.jpg


今回はここまでです。
  1. 2011/10/20(木) 21:06:54|
  2. 近鉄1233系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

オイゲン

Author:オイゲン
近鉄車両を中心に模型を製作しています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

鉄道模型 (138)
近鉄1000系 (4)
近鉄1010系 (3)
近鉄1233系 (3)
近鉄1460系 (1)
近鉄1810系 (7)
近鉄2050系 (7)
近鉄2410系 (6)
近鉄2430系 (5)
近鉄2610系 (7)
近鉄2800系 (18)
近鉄6020系 (6)
近鉄6200系 (3)
近鉄6432系 (4)
近鉄6600系 (3)
近鉄8000系 (2)
近鉄8400系 (15)
近鉄8600系 (4)
近鉄8810系 (3)
近鉄9200系 (5)
近鉄12000系 (8)
近鉄16010系 (3)
近鉄22600系 (6)
車両 (10)
運転会 (5)
旅行記 (2)
撮影記 (6)
速度調査 (128)
表定速度調査 (19)
表定速度調査(H23.03.12) (79)
表定速度調査(H24.03.17) (20)
速度ランキング (10)
雑記 (12)
未分類 (1)

ブロとも一覧


旅行と模型と日常

本宮機関区運行日誌

写真と模型で鉄分補給 Moso Factory

藻庫川重工のへっぽこ製作記

村崎芋鉄道・村鉄車輛

枝川製作所の日誌

MTR的活動日誌

超!?昭和49年のあんな事、そんな事、いろんな事!!

雪風の壱里毎日記(ひとりごと日記)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問した人たち

訪問している人たち

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

自動RSS表示機能付きリンク

無料アクセス解析