オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

鉄道に関することを書こうと思っています。が、はたしてどうなるでしょうかね。

 お越しいただきありがとうございます。
 主に扱っているのが近鉄なので近鉄ファン以外の方には???かも知れません。

 今日は です。
 

 オイゲンのコレクションはこちらから。(別ウィンドウにて開きます。)

 近鉄電車データページ
  連結器中間体格納箱有無はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  2410系列パンタ台はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  妻面画像はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  6020系妻面調査結果はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)


にほんブログ村 鉄道ブログへ 鉄道ブログ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 鉄道模型 にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ 近鉄線 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近鉄1000系3両編成製作記(その4)

近鉄1000系です。

他の作業の合間の製作となっていますので、あまり進んでいませんがとりあえず。

今回はモ1000です。
動力ユニットの位置(モ1000かモ1050)を決めかねていますが、とりあえず、モ1050に組み込む方向で進めています。

モ1000です。
P20120530001.jpg
床下機器の設置と仮塗装、屋根上配管まで終了です。
じゃあ、あと何が残っているのか?、アンテナがまだですね。
ということで、塗装前まできました。

前面です。
P20120530002.jpg
アンテナは未設置ですが、行先表示器は取り付けました。
今回行先表示器は黒い材質です。

妻面方向からの画像です。
P20120530004.jpg
妻面の配管は極力活かしました。
ラインデリア車で、クーラーキセがひとつのこのタイプの車両の屋根上配管が一番面倒かも知れません。
空気作用管が妻面からクーラーキセ付近までいったあと、反対側にいき、そこからクーラーキセの横を前方まで配管されています。
最近、空気作用管は0.2mmの真鍮線を使用しているので曲げることも随分楽になりましたが、以前のようにピアノ線を使用していたらどれだけ失敗していたでしょうかね。

運転台側側面です。
P20120530003.jpg
この車両の台車KD-75Gは本当ならばもっと大きいのですが...。


ということで、今回はこれまでです。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/30(水) 12:05:19|
  2. 近鉄1000系
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

近鉄1000系3両編成製作記(その3)

近鉄1000系です。

今回はク1100のご紹介です。

ク1100を斜め前から。
P20120526001.jpg
床下機器を設置し、仮塗装まで行いました。
屋根はまだ未接着で、アンテナと行先表示装置も未設置です。
クーラーの設置ですが、当方では屋根パーツの裏にある穴あけ位置では穴を開けず、実車の側面とクーラー位置を確認しながら、屋根の上側から穴を開けています。

反対側から。
P20120526002.jpg
こちら側に今回新規作成した蓄電池を設置しています。
台車はKD-65Aです。
蓄電池は容量により大きさが異なると思うのですが、今回作成の蓄電池は1000系の資料から大きさを割り出して作成しました。
どれだけ他形式に使えるでしょうかね。

前面です。
P20120526003.jpg
当方標準の自作スカートです。
中央の段が一段下がりのものは基本的に自作スカートを使用しています。
ただし、VVVF車に付属のスカートはそのままキットのものを使用しています。


今回はこれまでなのですが、技術的には全く新しい内容はありませんね。
失礼しました。
  1. 2012/05/26(土) 12:16:44|
  2. 近鉄1000系
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

近鉄1000系3両編成製作記(その2)

近鉄1000系3連です。

あまり進んでいませんが、とりあえず、前面・妻面と側面を接着しました。
接合面はまだなにもしていません。

3両です。
P20120520001.jpg
屋根は載せているだけです。
台車もKDタイプを仮に履かせています。
1000系3連はモ1000とモ1050で異なる台車を履いています。
モ1050とク1100の台車はこれまでに作ったものと似た形のものがありますのでそれを利用します。
モ1000もKD-75Gは新たに自作しなければなりません。

モ1000の屋根上です。
P20120520003.jpg
ベースキット2600系に付属のクーラー4つがひとつのキセになっているパーツですが、長さが不足気味です。
当方標準工作でこのクーラーパーツの長さを2mmほど伸ばしています。
パンタ台の構築を開始しています。

ク1100の前面です。
P20120520004.jpg
わかりにくいのですが、運行標識掛の位置を若干上げました。
反対側のモ1000はキットのままです。
運行標識掛の位置を変えたのはプロトタイプにしている編成がそうなっていたからで、他の編成はどうなっているかはわかりません。

ということで、本日はここまでです。
  1. 2012/05/20(日) 15:18:23|
  2. 近鉄1000系
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

近鉄1000系3両編成製作記(その1)

近鉄9200系も塗装待ちになったので、この編成も本格的に製作に入ります。

近鉄1000系の3連口です。
近鉄1000系4連口のT02編成は以前作成済みですが、今回は3連口です。

これと言って技術的に新しいものはありません。
内容的には1000系の特徴を再現する記事になるでしょう。

3連のパーツです。
P20120517001.jpg
かなり前にランナーから切り離して準備していました。
屋根と床板が写っていませんが、3両分の屋根と先頭車2両分の床板も準備しています。
今のところ、中間車に動力ユニットを組み込む予定ですが、床下機器の構成を見ると先頭車(モ1000)に組み込んだほうが工作は容易です。
でもそうすると、動力ユニットにTNカプラーを取り付けないといけなくなります。
そのあたりの確認はまだ出来ておらず、確認後に動力ユニットの組み込み位置を決定したいと思います。

モ1000の妻面です。
P20120517003.jpg
今回の1000系も出来るだけキットのモールドを活かそうと思っています。
ベースキットの2600系の配管付き妻面の電気管は2本なんですが、モ1000の電気管は3本ありますから1本追加が必要です。
画像にあるように0.3mm真鍮線で電気管の配管1本を追加します。
また、空気管なのですが、上部のモールドは削りました。
空気管の内側に曲がりこむ位置がキットのものより上部のためです。
その原因になっていると思われる太いダクト(?)を再現しています。

モ1050の名古屋側の妻面です。
P20120517002.jpg
モ1050の妻面ボックスは他形式にはないものがありますので、それを設置してみました。

ということで、今回はこれまでです。
  1. 2012/05/17(木) 07:53:32|
  2. 近鉄1000系
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

オイゲン

Author:オイゲン
近鉄車両を中心に模型を製作しています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

鉄道模型 (137)
近鉄1000系 (4)
近鉄1010系 (3)
近鉄1233系 (3)
近鉄1460系 (1)
近鉄1810系 (6)
近鉄2050系 (7)
近鉄2410系 (6)
近鉄2430系 (5)
近鉄2610系 (7)
近鉄2800系 (18)
近鉄6020系 (6)
近鉄6200系 (3)
近鉄6432系 (4)
近鉄6600系 (3)
近鉄8000系 (2)
近鉄8400系 (15)
近鉄8600系 (4)
近鉄8810系 (3)
近鉄9200系 (5)
近鉄12000系 (8)
近鉄16010系 (3)
近鉄22600系 (6)
車両 (10)
運転会 (5)
旅行記 (2)
撮影記 (6)
速度調査 (128)
表定速度調査 (19)
表定速度調査(H23.03.12) (79)
表定速度調査(H24.03.17) (20)
速度ランキング (10)
雑記 (12)
未分類 (1)

ブロとも一覧


旅行と模型と日常

本宮機関区運行日誌

写真と模型で鉄分補給 Moso Factory

藻庫川重工のへっぽこ製作記

村崎芋鉄道・村鉄車輛

枝川車両製作記

MTR的活動日誌

超!?昭和49年のあんな事、そんな事、いろんな事!!

雪風の壱里毎日記(ひとりごと日記)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問した人たち

訪問している人たち

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

自動RSS表示機能付きリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料アクセス解析