オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

鉄道に関することを書こうと思っています。が、はたしてどうなるでしょうかね。

 お越しいただきありがとうございます。
 主に扱っているのが近鉄なので近鉄ファン以外の方には???かも知れません。

 今日は です。
 

 オイゲンのコレクションはこちらから。(別ウィンドウにて開きます。)

 近鉄電車データページ
  連結器中間体格納箱有無はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  2410系列パンタ台はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  妻面画像はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)
  6020系妻面調査結果はこちらからどうぞ。(別ウィンドウにて開きます。)


にほんブログ村 鉄道ブログへ 鉄道ブログ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 鉄道模型 にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ 近鉄線 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近鉄8400系3両編成[B09]製作記(その1)

また近鉄8400系の製作です。

実は近鉄6600系が完成して、近鉄6200系が作成中であるにもかかわらず、次の製作は何系にしようかとジャンクボックスなどを漁っていたら...。
近鉄2610系板キットの側板の余りが出てきました。
近鉄2610系板キットを2610系にしなかった時、2610系のトイレ付き車両の側板が余りますが、それです。
全てでどれだけあるか確認はしていませんが、すぐに3枚見つかりました。
何かに使えないか何気に眺めていると、モ8459を思い出しました。
8400系の中間に編成されている有名(?)な車両です。

元々8000系のこの車両、8000系でも前期型に属する車両です。
8000系後期型とは屋根のカーブが異なります。
平屋根車や丸屋根車は2410系キットや2610系から作れますが、それ以前の車両はベースにすべきキットがありません。
えっ、6800系があるだろって?。
残念ながら、貧乏な私には高価な6800系を大量購入できません。

以前近鉄1480系を作成されていたモデラーがおられましたので同じ要領で作成してみることにしました。

2610系側板の左側をカットしました。
P20120303002.jpg

側板の内側です。
P20120303011.jpg
赤四角で囲んだリブを残して他のリブ(床板用のリブ)は削りました。

トミックスのアーバンライナー用動力ユニットです。
P20120303012.jpg
赤四角で囲んだ溝に上記画像のリブがぴったり合わさって位置が決まります。
トミックスのこのように溝がある動力ユニットはキットのリブを活かすことができるので工作が楽です。
この編成にも動力ユニットを組み込む予定ですが、アーバンライナー用(昔のグリーンマックスのKDタイプ付き動力ユニット)はもう入手困難なので、トミックス0661(485系用)で代用するつもりです。

本来とは反対に使用する側板の内側です。
P20120303010.jpg
こちら側の動力ユニット用リブは削りました。
反対側に使用するのでリブが活かせないからです。
削った後で位置を確認してリブを追加しました。(赤四角で囲んだリブ)
本来のものより長いですが、動力ユニットにある溝は長いので大丈夫です。

モ8459独特の車端部に独立窓が二つ並んだ側板を切り継いでみました。
P20120303013.jpg
窓が二つある側がに運転台がありました。
こちら側の妻面は折妻になっています。
側板は中間車用の側板より1mmほど短く作ります。
一旦切り継いでみたら、なんと長さが若干不足...。
仕方ないので、私の得意技、0.Xmm単位の長さ調整。
妻面を接着する側で調整しました。
わかるでしょうか、左端で白く見えるところがありますがそこが調整箇所です。
反対側もそうなのですが、側板の裾を軽く折り曲げないといけないのですが、切り継いだ側板を曲げたことはありません。
下手をすると切り継ぎ箇所が割れるかも知れません。
要注意して作業しないといけません。

切り継ぎ箇所の拡大です。
P20120303005.jpg
この左端がの白いのが調整箇所です。
実は反対側でも同じように短くなってしまい、同じように調整。
反対側は接着面をペーパーで整えていて短くなってしまいました。

元運転台側の妻面パーツです。
P20120303006.jpg
ベースは8810系の8000系アルミ車の前面です。
今回は車体接着後におでこ部分を調整します。
モ8459の元運転台側貫通路には扉がありませんので、扉は削りました。

反対側の妻面パーツです。
P20120303007.jpg
こちら側は広幅貫通路なので、これから改造することになります。
なお、当方、2610系キットや2410系キットから奈良線用の2800mm車体の車両を作るとき、8810系キットの前面・妻面を使用しています。
この妻面パーツも8810系キットの妻面なのですが、モールドは既に削っています。

車体を構成するパーツです。
P20120303008.jpg
いつもは屋根は2610系キットや2410系キットのものを使うのですが、今回は8810系キットから流用します。
写っている屋根は8810系キットのものです。
キットそのままでは幅が広すぎるので、2610系キットや2410系キットの屋根と同じ幅に削りました。
そのため雨樋がなくなってしまいました。
後でプラ材で雨樋を再現してあげないといけません。


ということで、思いつきで製作開始してしまいました。

ゆっくり作っていきますが、ゆっくり作成中編成は他にも2410系や16010系があります。
(ゆっくり作成中ではなく、かつ、塗装の待ちでない、既に放置状態?の編成も結構あったりします。)
果たして完成はいつになるでしょうか?。

(普通に作成中編成でも多くが塗装の待ち行列に入っており、ゆっくり作成とさして変らないかも。)
スポンサーサイト
  1. 2012/03/03(土) 20:45:55|
  2. 近鉄8400系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<広幅貫通路妻面の作成方法 | ホーム | JR西日本快速列車表定速度ランキング(H23.03.12改正ダイヤ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eugen.blog136.fc2.com/tb.php/221-fad08555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

オイゲン

Author:オイゲン
近鉄車両を中心に模型を製作しています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

鉄道模型 (137)
近鉄1000系 (4)
近鉄1010系 (3)
近鉄1233系 (3)
近鉄1460系 (1)
近鉄1810系 (6)
近鉄2050系 (7)
近鉄2410系 (6)
近鉄2430系 (5)
近鉄2610系 (7)
近鉄2800系 (18)
近鉄6020系 (6)
近鉄6200系 (3)
近鉄6432系 (4)
近鉄6600系 (3)
近鉄8000系 (2)
近鉄8400系 (15)
近鉄8600系 (4)
近鉄8810系 (3)
近鉄9200系 (5)
近鉄12000系 (8)
近鉄16010系 (3)
近鉄22600系 (6)
車両 (10)
運転会 (5)
旅行記 (2)
撮影記 (6)
速度調査 (128)
表定速度調査 (19)
表定速度調査(H23.03.12) (79)
表定速度調査(H24.03.17) (20)
速度ランキング (10)
雑記 (12)
未分類 (1)

ブロとも一覧


旅行と模型と日常

本宮機関区運行日誌

写真と模型で鉄分補給 Moso Factory

藻庫川重工のへっぽこ製作記

村崎芋鉄道・村鉄車輛

枝川製作所の日誌

MTR的活動日誌

超!?昭和49年のあんな事、そんな事、いろんな事!!

雪風の壱里毎日記(ひとりごと日記)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問した人たち

訪問している人たち

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

自動RSS表示機能付きリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料アクセス解析